未経験からプログラマーを目指す人が学ぶべき言語NO.1は……

超初心者、プログラミングの前知識が全くないという方は、HTML・CSSからの学習がおすすめ。この2つはWEB開発では超基本の言語なので、まったくのゼロ知識ならここから始めるといいでしょう。

ただしシステム開発などのプログラマーを目指すのであれば、今後頻繁に使用することはありません。教本を読み流す、簡単なタグが使えるなど必要最低限の勉強で問題ありませんよ。

HTML

サイトの文章構成を指示し、ホームページに表示したい情報を作る言語。

CSS(カスケーディングスタイルシート)

文書や画像の表示デザインを指定する言語。装飾や位置など、どのようなスタイルで表示・出力・再生するかを指定可能

ITリテラシーの勉強を行う

IT企業に勤めるなら、ITリテラシー(前提知識)も欠かせません。これまでインターネット関係の企業と関わりがなく、右も左もわからない状態であれば「ITパスポート」の取得をおすすめします。

ITパスポートはITに関する基礎知識や経営全般など、幅広い分野の総合的知識を問う国家試験です。大手企業でも取得を推奨しており勉強しておいて損はない資格です。

つきたい職業によって言語を選ぶ

基本的な知識がある人はJava、Python、Rubyといった初心者からでも始めやすいプログラミング言語学習もおすすめです。

ただしWEB制作やアプリ開発などつきたい仕事が決まっている方は、目指している分野や将来性を考慮して言語を選ぶと良いでしょう。

最後に開発別に最低限必要といわれる言語をご紹介いたします。企業の開発環境によって求められる言語は異なるので参考程度にご覧ください。

WEB制作 JavaScript、PHP、Java、Python
スマホアプリ開発 Java、Kotlin、Swift
ゲーム開発 C++、C#
AIロボット開発 C言語、C++、Python、Java
インフラ開発 shell script、TTL、バッチファイル

TOP