プログラマーに資格や免許はあるのか? 資格があると良い場合

プログラマーになるための資格や免許はありません。

プログラマーは基本的に実力主義の世界で、資格の有無よりも制作物の良し悪しによって評価が判断されます。

ですが「プログラマーとしてもっと活躍したい」「未経験からプログラマーに転職する」と考えているのであれば資格を持っている方が他の人達よりも有利に動くことができるでしょう。

資格を持っていれば客観的にアピールできる

例えば、名前以外何も知らない人から「これはおいしいイチゴです」と売りつけられても買おうとは思いませんよね。

プログラマーを探している企業やクライアントも同じ。相手のスキルレベルが自称のみでは真偽が分からず、何を任せてよいのか、どこまで任せられるのか判断できません。

資格を持っていれば客観的に自分の技術を相手にアピールできます。資格を見せてもらったクライアント側も一見するだけで渡せる案件がわかるので、手間が省けるのでよりその人を選ぶ可能性が上がるでしょう。

就職先優遇される可能性がある

企業によっては採用後研修期間が設けられる場合があります。資格取得のために勉強をしておけば、研修内容の理解度が変わってくるでしょう。

中には資格保持者には資格手当を支給してくれる企業もあります。資格手当の相場は5,000円~2万円と比較的高額。資格手当は企業が求める資格のみに適用されるため、どの資格でどのくらい手当がもらえるのかは自身で確認しましょう。

実務経験>資格であることを忘れない

最初に申し上げたとおり、プログラマーは実力主義の世界です。経験者と資格保持者なら、経験者の方が選ばれやすいことは間違いありません。

資格のために経験を放置する、資格取得だけを優先しないよう注意しましょう。資格を取ってから企業に応募ではなく、実務経験を積みつつ資格を取得、その後キャリアアップという計画を立てるのも一つの手段ですよ。

未経験からプログラマーへの就職や転職を考えている方は、少々大変かもしれませんがプログラミングスキルの取得と同時に資格取得も検討されてはいかがでしょうか。”

TOP