未経験プログラマーに求められる資格取得のタイミング

強いて言えば、プログラミングを勉強するのと同時に資格取得を目指すのが効率が良いのではないでしょうか。

基本的にプログラマーに資格は必須ではないのですが、未経験者の場合アピールできるものがほとんど無いため持っている資格が有利に働くことがあります。

企業が求める資格を持っていれば、就職・転職活動の際にアピールができ他の人達と差がつけられます。何も無いよりは採用される確率が上がるので、自身が行きたい企業がどういう人材を求めているか確認し取得する資格を選択すると良いでしょう。

一人では学習のモチベーションが維持できないなら……

一人でプログラミングの勉強から資格取得まで難しい場合は、プログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングの基礎や実務レベルのスキルが学習できると同時に、プログラマーとして今後役立つ資格を取得できるスクールもあります。今後のキャリアのためにどういった資格を取るべきか、効率の良い資格のとり方は? など悩んだらスクールを一度検討されてはいかがでしょうか。

すでに就職している、案件を受けている人も資格取得はおすすめ

プログラマーはいわずもがな、常に新しい技術を学んで行かなければ古いプログラムと共に取り残されてしまいます。ですが案件の納品に追われ勉強している暇は無いかもしれません。

しかし「資格取得」という目標があれば、新しい技術を身につけるためモチベーションが向上するのではないでしょうか?

現在利用している言語とは異なるものを学習することで、できる仕事の範囲も広がり、収入アップに繋がる可能性が十分にあります。

働きながら資格取得は厳しいときもあるでしょうが、ぜひ挑戦してみてください。

TOP