プログラマーに求められる素養、おすすめの資格は何?

プログラマーやエンジニアとして必要な素養は以下の3つが挙げられます。

・ITに関するリテラシー
・情報処理に関する能力や知識
・プログラミング言語の技術力

知識や技術力に自身が無い、就職や転職時にアピールしたい方はこれらに関する資格を勉強すると良いでしょう。

ちなみにプログラマー向けの資格は国家資格と民間資格の2通り。ほとんどが民間資格となっています。

プログラマー向け国家資格

基本情報技術者試験

高度IT人材が必要になる世の中で、求められる基本知識や技能を問う試験です。アルゴリズムやデータの扱いなどシステム開発の基礎の問題が出題されます。

プログラマーの登竜門として有名で、システムの設計・開発・運用を行う人に推奨されています。この資格取得によって資格手当が支給される企業もあるため積極的に取得をおすすめします。

ITパスポート

情報技術や情報処理の分野で基礎的な知識を問う試験です。ITリテラシー全般を理解することができます。

プログラミングには特化していません。「IT技術について全体的に知っていますよ」というのが証明できます。IT系の知識が必要な仕事に勤めるなら持っていても良いでしょう。

プログラマー向け民間資格

プログラマー向けの民間資格はかなりの数があり、その中から必要なものを選ぶのは骨が折れるかもしれません。そんな時は「自分が学習した言語に関する資格」「勤めたい企業が求める資格」を優先して選択すると良いでしょう。

「自分が学習した言語に関する資格」であれば効率よく取得できますし、アピールもできるでしょう。

今回は民間資格の中でもメジャーな資格をご紹介します。

  • PHP技術者認定試験(言語スキル証明)
  • Ruby技術者認定試験(言語スキル証明)
  • C言語プログラミング(言語スキル証明)
  • Pythonエンジニア認定基礎試験(言語スキルの証明)
  • Javaプログラミング能力認定試験(言語スキルの証明)
  • Oracle Master(データベース認定試験)
  • Microsoft認定試験(マイクロソフト製品に対する知識と技能を認定)

TOP