プログラミングに英語力は必須!どのレベルまで勉強すればよい?

プログラミングのコードにはほとんど英語が使われています。そのため英語力は必須!

ただしネイティブほどの英語力は必要はありません。中学~高校生で習う英単語が分かるレベルであればプログラミングの習得は可能でしょう。

プログラミングの最新情報を得るなら英語が一番

プログラミングの最新情報のほとんどは英語で公開されています。

もちろん日本語書籍や翻訳で情報を公開してくれるサイトもありますが、最速で情報を手に入れるなら自ら英語の原本を読むのが一番。

プログラミングの英語資料を理解するためには、専門用語や文法をある程度理解できなければなりません。そのためには「ちょっと分かる」程度ではなく「しっかり理解できる」英語力が必要となるでしょう。

他のプログラマーやエンジニアと一歩でも差をつけたいなら、英語力を鍛えましょう。

年収アップを狙うならネイティブレベルの英語力を!

国内でプログラマーとして活躍するよりも、海外で活躍したほうが年収アップが狙えます。

日本ではまだプログラマーやエンジニアという職業が発展途上のため、海外と比べると給与が低い傾向にあります。そのため年収アップを求めるプログラマーで海外に進出する人は少なくありません。

海外で活躍するなら、クライアントとのやりとりは必然的に英語に。通常の会話や専門用語などのやり取りをスムーズに行わなければ仕事にはなりませんよね。

大人になってからネイティブレベルの英語力を身に付けるのは大変ではありますが、海外で活躍するなら読み・書き・会話すべての習得が必要と覚えておいてください。

プログラミング英語検定で実力を試してみる?

英語や翻訳、ソフトウェア開発に関する書籍の出版をしているグローバリゼーションデザイン研究所では、プログラミングに必要な英語力を測る検定「プログラミング英語検定」を開始。試験は年齢層ごとに難易度が異なります。

  • ・社会人向け「アドバンスト試験」
  • ・大学生・専門学校生向け「ベーシック試験」
  • ・高校生向け「ジュニア」

試験はオンラインで受講可能なので、プログラマーとしての英語力を試したいなら挑戦してみるのも良いでしょう。専用の英語教本もあるので参考にしながら学習してはいかがでしょうか。

TOP