【30代・未経験】でプログラマーへの転職は難しい?

「プログラマーやエンジニアへの転職をしたいが未経験の30代でも可能なのか?」

プログラミングスクールへの入学を考えている方には、こんな不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、30代でも決して遅くありません。

30代でプログラミングスクール入学が遅くない3つの理由

①プログラマーは需要が高い
②実際に未経験だった30代の多くが転職に成功している
③プログラミングスキルは短期間で集中的に学べる

それぞれ詳しく解説しますね。

①プログラマーは需要が高い

IT市場は規模を拡大し続けています。それに伴いプログラマーの需要は高まる一方なのに、人材確保が追い付いていない状況です。

IT業界の人材不足が深刻な問題となっていることから、30代でも充分需要があるといえるのです。

②実際に未経験だった30代の多くが転職に成功している

エン・ジャパンが公表している「ミドル世代の異業種転職の実態調査(2021年)」によると、ミドル世代の異業種転職に成功した方の60%がIT業界です。(出典:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2021/26772.html)

IT業界は成長業界のため異業種転職も多く、前職の業界を問わず経験を活かせる場が多いのです。

③プログラミングスキルは短期間で集中的に学べる

プログラミングは短期間でスキルが習得できるのが3つめの理由です。

集中して勉強すれば、ほとんどの人が3ヶ月~半年ほどでスキルの習得が可能です。

プログラミングスキルを持つ人はニーズが高いため、スキルさえ身につければ30代以降でも有利な転職ができる可能性が高まります。

未経験からエンジニア転職するためには

未経験からプログラマーやエンジニアに転職する際に必須なのは、「プログラミングスキルを身につけておく」ことです。

プログラミングのスキルがあれば、実務経験がない未経験者でも応募できる求人の幅が広がります。また、給与などの待遇もより良くなる可能性もあります。

TOP