プログラミングスクール卒業後の4つの道

これからプログラミングを学ぼうとしている方は、プログラミングスクール卒業後の進路が気になりますよね。プログラミングスクール卒業後は、主に4つの道に分かれています。

プログラミングスクール卒業後の4つの道

①プログラマー・エンジニアとして就職・転職
②副業でスキルを活かす
③フリーランスとして独立
④起業する

①プログラマー・エンジニアとして就職・転職

プログラミングスクールを卒業した方の多くは、IT関連の企業に就職や転職をされます。

システム制作会社、WEB制作会社、ソフトウェア会社、ゲーム・ソーシャル会社などが多く、一般企業でもプログラマーやエンジニアを募集している場合もあります。

プログラマー・エンジニアは需要が高く、プログラミングのスキルを習得して資格を持っていれば、未経験であっても就職先に困ることはほとんどありません。

②副業でスキルを活かす

転職ではなく副業として仕事をする方法もあります。

プログラミングのスキルがあれば、システム開発やアプリ制作の一部を受注できます。プログラマー副業専門の求人サイトもあるため、仕事には困りません。

また、継続的に続けることで人材も広がり、いずれフリーランスとして独立することも可能です。

③フリーランスとして独立

IT業界に人脈がある人や、難易度の高いプログラミング言語を学んだ人は、フリーランスとして独立する道もあります。

プログラミングのスキル以外にも、マネジメント能力やコミュニケーション能力も必要です。「将来起業したい」といった明確な目的を持っている人におすすめできる道です。

④起業する

明確なアイデアや目的がある人は、起業を考えるのも道のひとつです。

起業するためにはフリーランスよりも資金力が必要です。また、未経験者の場合は信用もないのでなかなか厳しい道ですが、新しいアイデアと企画力があれば不可能ではありません。

TOP