【副業】プログラミングで稼ぐ方法

最近は本業の仕事以外に、副業をして稼ぐことが当たり前になりつつあります。

その中でも需要が高いといわれているプログラミングのスキル。平日は会社員として勤務しながら、土日などに本業以外に稼ぐプログラマーも増えています。

プログラミングを副業にしたらいくらくらい稼げるのか、仕事の見つけ方をご紹介します!

プログラミング副業の仕事内容と報酬単価

プログラミングの副業と一口に言っても、副業案件は実務未経験者向けから、経験豊富な現役プログラマー向けまで内容はさまざまです。

求人サイトに掲載されていた実際の案件で具体的にいくらくらい稼げるか確認してみましょう。

案件 報酬単価 条件
Excel VBAを使った自動表作成システムの開発 3万円~5万円 未経験OK
ゲームアプリのシステム開発 5万円~10万円 未経験OK
スマホアプリ開発 3万円 未経験OK
通販サイトの決済フォーム開発 10万円~15万円 PHP/MySQL/Laravel/Javascript/css/htmlを使った開発の経験
ネットワーク研修の講師 日当3.5万円~5万円 ネットワークによる実務経験・CCNA・AWSの知識
業務アプリの開発 30万円~50万円 業務アプリ開発の経験

未経験者でも案件はあるが、報酬単価は低め

仕事の内容はWEBサイト制作、スマホアプリ開発、既存システムの運用・保守、講師など多岐に渡ります。実務未経験者でも応募可能な案件も多いので、経験がない方でも大丈夫です。

しかし、上の表を見ても分かる通り、経験豊富なプログラマー向けの案件と比べると報酬は低め。仕事の難易度やスキルレベルで報酬単価は大きく違います。

案件はIT系の求人サイトですぐ見つかる

副業はプログラマー向けの求人サイトなどで簡単に見つけられます。

・クラウドソーシング
・エンジニア向けエージェント
・案件マッチングサービス

今は仕事をさがしている人と、企業やサービスをマッチングしてくれるサービスがたくさんあるので、土日だけ副業したいなどの条件でも見つけやすい時代になりました。

副業で経験と信頼を築けば独立の道も

副業を通して身につけたスキルや経験を活かしてフリーランスとして独立する人も多くいます。

副業案件で実績と信頼を作っておけば、独立後も継続して案件を受けられる可能性があります。新規案件を受ける際にも、副業をしていた時の実績は重要です。クライアントはスキルや知識だけでなく実績を重視するため、自分自身の価値を高めてより高単価な案件を受けられる見込みがあります。

独立するタイミングは、副業の収入が本業を超えた時がひとつのタイミングだといえるでしょう。

TOP