プログラミングを勉強したい!学部はどこがおすすめ?

プログラミングと言っても、システムへのアプローチは様々です。

大学によってはプログラミングが学べる学部・学科は大きく異なります。こちらでは学部ごとに学習できる学部をいくつか代表してご紹介します。

学部別学習内容

情報学部

スマホやパソコン、家電など電気で動く情報機器がどのようなシステムで動くのか、システム構築などをメインに学びます。数学や物理学なども用いてプログラムの基本を学び、プログラミング言語やシステム全体に通じていきます。

その他IT技術に関する問題の提起と解決、メディアの情報を通じたコンテンツの作成および分析などIT分野、コンピュータ、人工知能(AI)など幅広く学べる学部です。

ゲーム系学部

情報系にはゲームのプログラミングに特化した学科もあります。

基本的なプログラミング言語を学び、ゲームプログラマーになるためのスキルを身に付けていきます。

理工系学部

家電やエレベータ、ロボットなど多岐に渡る機械の設計に携わるための基盤が学べます。

ハード以外にもソフトウェアや、より電子に近い電子狩生、通信工学、認知工学などより機械そのものの設計や製作におけるプログラミングが学べます。

電気工学系部

電気に関するありとあらゆることを学べる学部です。エネルギーとしての電気の効率的な活用法や電気回路、半導体、情報・通信などの研究を行います。

生活には欠かせないモノづくりの基礎を学びます。プログラミングとは直結しませんが、電気、機械、ITに関わるためシステムの学習に繋がります。

AI系学部

ビッグデータ、AI、クラウドなどに関する基礎や広範な知識を学ぶ学部です。

AI開発そのものを目的にした講義やデータコンテンツの理解・解析・問題解決を主にした講義など、学科によってカリキュラムが大きく異なります。

紹介した学部の内容はごく一部で、大学によっては心理学部でもシステムやプログラミングについて学べる学科があります。行きたい大学が決まっている方は、学びたい内容と行われている講義が沿っているかシラバスを確認しておきましょう。

学部選びは自分の将来を具体的に抽出してから

上記の通り、学部によって学習する内容が大きく左右されます。

具体的に自分がどういう形でプログラミングに関わりたいのか、将来就きたい職はなんなのか決めたうえでどの学部に行くか選ぶと良いでしょう。

「何も決まっていないけどプログラミングが気になる」方は、最も近いプログラミングの講義がある大学のオープンキャンパスなど行ってみるのはいかがでしょうか? 実際の授業が受けられたり、教授に直接質問ができたりなど実体験ができるので、より自分が何をしたいか明確化しやすくなりますよ。

TOP